パンツ色のスリム効果

黒青水色



黒い色は、脚をひきしめて見せる効果があります。
一本は持っておきたい色のパンツです。
ただ、黒は縮小して見える色ですので脚長効果は少ないのが特徴です。

スポンサーリンク



青い色は ジーンズ 生地のパンツでよく利用されている色です。
コーディネートしやすく、脚長効果もスリム効果もほどほどありますので、こちらも一本は押さえておきたい色のパンツです。


水色
水色は、夏などの暑い季節には着たくなる色のパンツですが、膨張して見えますので、太めでボッテリした印象を受けます。
水色や白色は膨張して見える色ですので脚長効果は高いですが、スリム効果が低いのが難点です。

解説図

明度が高ければ高いほど膨張して見えます。
ですので、スリムでスッキリと見せるのであれば暗い色のパンツを、脚長効果を狙うのなら白っぽい色を、ホドホドを狙うのであれば中間調の色を履かれた方が宜しいかと思います。


スポンサーリンク