靴の種類と脚長効果

パンプススニーカーローファー


パンプス
パンプスはヒールが付いているぶん、最も脚長に見える靴です。
脚が疲れやすいという難点を除けば、ビジネスでもデートなどでも活躍できる優れた脚長靴です。

スポンサーリンク

スニーカー
スニーカーは非常に歩きやすく、脚が疲れにくいのが特徴です。
ただし、脚長効果はなく、脚も大きく見えますので、脚長スタイルを目指すのであれば注意が必要な靴です。


フラットシューズ
スニーカーに比べると、靴の大きさが小さいのが特徴です。
脚長効果はパンプスに比べると低いですが、スリム効果はありますので、脚が疲れやすい立ち仕事をされる方や、歩き仕事が多い方にはおすすめです。

解説図

左の図は、スカートスタイルの靴と脚長効果を簡略化して示した図です。
ヒールはかかとがあるぶんもっとも脚長に見えますが、フラットシューズはもっとも脚が短く見えます。
また、脚先がボッテリ見えるのはスニーカーであり、フラットシューズは脚先のスリムさでは若干優れています。


スポンサーリンク